FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

S.E.BOGDAN REEL(ボグダン リール)の大解剖 (その17) 

S.E.BOGDAN REEL(ボグダン リール)の大解剖 (その17)

約1年ぶりですが、第17回目となるボクダン分解シリーズです。
引き続きボクダンリールを分解した写真を掲載して、素人である私が分かる範囲で説明します。

今回は、ドラグ調整ノブを取り外し、ドラグを締める役割を担っている三日月型の金属を取り外した後(前回の説明参照)、ドラグディスクと、それと接しているスプリングの写真を掲載しました。

P3110831.jpg
ドラグディスクにはめ込まれた2本のスプリングです。
スプリングの両端は、それぞれのスプリング受けに均等に接するよう平らに均されています。
白色のドラグディスクは、センターに立っているブラス製の金属でズレないように軽く固定されています。
P3110833.jpg
スプリングを取り外した状態です。
P3120876.jpg
スプリングを取り外した、ドラグ側のプレートです。
白いドラグディスクが中央の円柱系の金属を押すことでドラグがかかります。
中央部の手裏剣状のギアは、正転用のギアで、ギアを押さえている金具が、逆転時にドラグが作動するためのストッパーです。
P3110834.jpg
スプリングを取り外した、ドラッグディスクです。
均一に切削されています。
P3110836.jpg
面白い写真をお見せします。
上記写真の反対側に取り付けられた、ドラグディスクですが、切削された穴の片側に金色のプレートが埋め込まれています。
これは、私の見た限りでは、穴を深く開けすぎたためか、スプリングの効きが均等でないことから、この問題を解決するために埋め込まれたものであると思います。
ボクダンじいさん、ドラグに関しては結構細かく調整を加えているのだと感心しました。
P9070363.jpg
前回も掲載したドラグプレートです。上記説明の参考として下さい。
スポンサーサイト

2010/05/17 Mon. 23:28 [edit]

Category: 釣具

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://kuniff.blog89.fc2.com/tb.php/197-3436b3a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。