スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

S.E.BOGDAN REEL(ボグダン リール)の大解剖 (その15) 

S.E.BOGDAN REEL(ボグダン リール)の大解剖 (その15)
昨年11月以来の約半年ぶりの更新となるボグダン リール解剖シリーズの15回目は、ドラグ作動時の続きを紹介しますが、どこまで説明したのか分からなくなってしまったので、前回の補足として写真を数点掲載します。

P9070363.jpg
前回説明したドラグ部の写真で、この時点ではドラグは解放状態です。(作動状態については前回の説明を参照して下さい)

P9070399.jpg
ドラグ部品を撮影したものです。
上部金属が車のドラムブレーキに酷似するディスク、中央の白い部品がドラグパッド、下部の部品がドラグの締め付けを行う部品となります。
写真の状態は、ドラグが解放された状態です。

P9070389.jpg
ドラグ開放状態では、ドラグパッドには全く力がかかっておらず、スプリング受けも手で動かすことができます。
この隙間は、ドラグを締め付けるためアームが作動した際にスプリング受けが移動ためのものだと思います。
スプリングが伸びているのとスプリング受けが右に移動しているのが分かると思います。
次回以降でドラグを分解した際に、この隙間を拡大した写真をお見せします。


説明が上手くできませんでしたが理解できましたか?








スポンサーサイト

2009/05/05 Tue. 22:08 [edit]

Category: 釣具

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://kuniff.blog89.fc2.com/tb.php/151-86ce569a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。