スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

チャイニーズ フランコリン 

昨年暮れに入手したマテリアル「チャイニーズ フランコリン」の雄です。
未だ未使用ですが、パートリッジと比較するとストークは堅めで扱いづらそうな羽根ですが、全体的に不思議な模様の鳥ですので、ハックリングするとどのようになるのか楽しみです。

P1140055.jpg
全体です。 大きさは巷で売っているパートリッジとほぼ同じ大きさです。
P1140060.jpg
首の部分です。 不思議な水玉模様が出ています。
P1140068.jpg

P1140065.jpg
腰の部分です。 ブラックフランコリンと比較すると模様は不鮮明ですが、ゼブラ模様が出ています。
P1140066.jpg
スポンサーサイト

2010/01/14 Thu. 01:00 [edit]

Category: Fly Material

TB: 0  /  CM: 0

top △

ワカサギ三昧? 

 連休を利用して阿寒湖に行ってきたのですが、当初の予定ではワカサギ三昧(釣、食)のはずでした。
 しかし結果はボウズ、つまり阿寒湖で半死の状態でプカプカ浮いていて、アメマスの餌となっているあのワカサギが1匹も釣れなかったのです。
 粘ろうと思ったのですが、もも引きを履いてくるのを忘れてしまい、更に近くで釣っていた小学生から「おじさん今日は釣れないよ。」と貴重なアドバイスを貰い、1時間半で退散してきました。

P1110024.jpg
ワカサギ釣り場です。大小のテントが設営され、釣り人が自由に場所を選ぶことができます。
受付で1,500円を支払うと、貸し竿、餌の紅サシ(蛆虫)、折りたたみイスを貸してくれ、更に「ワカサギの天ぷら券」も付いてきます。
P1110026.jpg
最初は、大型テントに入ってみました。 中にはたくさんの穴が開けられており、釣り座も自由に選べます。
紅サシを付けて仕掛けを落とし込みます。
挨拶がてら周りの様子を窺いますが、誰も釣れている気配はありません。
P1110029.jpg
後ろのテントから「釣れた」と若いお姉さん歓声を聞き、そそくさと近くの小型テントに場所を移動します。
P1110033.jpg
相変わらず釣れません。 もも引きを履いていないズボンの隙間から寒風が入り込み、辛くなってきました。
P1110036.jpg
子供からの適切なアドバイスを受けて早上がりをし、半券を利用してワカサギの天ぷらを食べ暖を取ります。
P1110039.jpg
1匹も釣れなかったことから、帰りもワカサギ丼を食べワカサギ三昧を満喫しました。「旨い」

2010/01/13 Wed. 21:19 [edit]

Category: 釣り

TB: 0  /  CM: 0

top △

新年 

新年あけましておめでとうございます。

新年といえば、長寿を願って鶴と亀ですが、今回は長寿ではなく街で発見した丹頂鶴の剥製を載せてみました。
テレビで見ると細くて華奢な感じがしますが、実物は結構大型な鳥で、大型ウエットやサーモンフライに使えそうな羽根が大量に生えています。
当然入手できませんので、指を咥えてみているだけですが、特にショルダーフェザーは大型で良いサイズが取れそうです。

P7230044.jpg
ウイングを広げて見せてくれています。 白いプライマリークイルも黒いセカンダリークイルも大きめで良さそうです。
P7230041.jpg
ショルダーフェザーです。 大きめのサイズが取れそうです。
あと、テールフェザーも良いサイズが取れそうです。
P7230043.jpg

2010/01/03 Sun. 19:07 [edit]

Category: Fly Material

TB: 0  /  CM: 2

top △


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。