スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

S.E.BOGDAN REEL(ボグダン リール)の大解剖 (その16) 

S.E.BOGDAN REEL(ボグダン リール)の大解剖 (その16)
これからドラグ部分を分解していきます。但し素人ですので完全分解までは至りませんが、できる限り分解していきたいと思います。
今回は、ドラグ調整ノブを取り外し、ドラグ部とスプリングを介して連結しており、ドラグを締める役割をしている三日月型の金属を取り外してみます。

P3110806.jpg
ドラグ調整ノブを分解したところです。 
写真はプレート表面の部品のみであり、裏側の部品は残った状態です
P3110811.jpg
フラッシュで反射してしまいましたが、裏側の部品も含め全てを取り外した状態です。
(前回の写真にも同様の物があったと思います。)
P3110813.jpg
ドラグ調整部品を取り外し、三日月型の金属がフリーとなった状態です。
P3110818.jpg
三日月型の金属に着いているスプリング受けの部品です。
P3110866.jpg
スプリング受けの部品は、前回も説明したとおり左右に遊びがあります。
P3110846.jpg
三日月型金属の裏面です。裏面はハンドルと同様にヤスリがけが為されていますが、見えないところなので磨かれておりません。(日本製では考えられない、いかにもアメリカ的(合理的)ですね。)
スポンサーサイト

2009/05/31 Sun. 23:45 [edit]

Category: 釣具

TB: 0  /  CM: 0

top △

KINEYAのディスクドラッグ搭載リール 

ちょっと古い話になりますが、昨年夏に5番の竹竿に使うディスクドラッグ搭載リールを探していたのですが、国内で入手可能はリールは、テッド ゴトフリーというアメリカの叔父さんが手作りしていたリールだけであり、値段も10万円オーバーの高額商品でしたので当然購入をためらっておりました。
そんな時、地元釣具屋の片隅に、廃盤となったKINEYA製のディスクドラッグ搭載小型リールが売れ残っているのを発見しました。
このリールは2000年頃に販売されていた物で、当時から一度見てみたいと思っていたのですが、流通量が少ないようで、巷では殆ど見ることができず購入を躊躇していたうちに廃盤となってしまったルールでした。
昨年このリールが売られているのを発見し、約5万円と高額でしたが思わず衝動買いし、今シーズン改めてデビューさせるリールです。

P7100187.jpg
KINEYA model502というリールです。
P7100188.jpg
P7100191.jpg
P7100189.jpg
ディスクドラッグ調整プレートです。

2009/05/30 Sat. 17:52 [edit]

Category: 釣具

TB: 0  /  CM: 0

top △

キュウリ魚釣り 

キュウリ魚釣りに行ってきました。
天候も良く、川岸に着き様子をうかがうと浅瀬には鮭稚魚が群れており、絶好のコンディションです。
早速ストリーマーを各種投入すると、面白いようにキュウリ魚が釣れて大満足の一日でした。

外道のアメマスは、全く反応なく、ライズもありません。
もう海に降ったのでしょうか、残念です・・・・

P5060987.jpg
川岸に群れている鮭稚魚です。

P5060982.jpg
鮭稚魚がライスしています。

P5060988.jpg
ストリーマーに食いついたキュウリ魚です。
お気に入りのAbelリールがキュウリ臭くなり泣いています。

2009/05/06 Wed. 21:40 [edit]

Category: 釣り

TB: 0  /  CM: 2

top △

S.E.BOGDAN REEL(ボグダン リール)の大解剖 (その15) 

S.E.BOGDAN REEL(ボグダン リール)の大解剖 (その15)
昨年11月以来の約半年ぶりの更新となるボグダン リール解剖シリーズの15回目は、ドラグ作動時の続きを紹介しますが、どこまで説明したのか分からなくなってしまったので、前回の補足として写真を数点掲載します。

P9070363.jpg
前回説明したドラグ部の写真で、この時点ではドラグは解放状態です。(作動状態については前回の説明を参照して下さい)

P9070399.jpg
ドラグ部品を撮影したものです。
上部金属が車のドラムブレーキに酷似するディスク、中央の白い部品がドラグパッド、下部の部品がドラグの締め付けを行う部品となります。
写真の状態は、ドラグが解放された状態です。

P9070389.jpg
ドラグ開放状態では、ドラグパッドには全く力がかかっておらず、スプリング受けも手で動かすことができます。
この隙間は、ドラグを締め付けるためアームが作動した際にスプリング受けが移動ためのものだと思います。
スプリングが伸びているのとスプリング受けが右に移動しているのが分かると思います。
次回以降でドラグを分解した際に、この隙間を拡大した写真をお見せします。


説明が上手くできませんでしたが理解できましたか?








2009/05/05 Tue. 22:08 [edit]

Category: 釣具

TB: 0  /  CM: 0

top △


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。