スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

S.E.BOGDAN REEL(ボグダン リール)の大解剖 (その14) 

S.E.BOGDAN REEL(ボグダン リール)の大解剖 (その14)
今回はドラグの作動状態を段階的に撮影した写真を使い説明します。

P9070348.jpg
ドラグ側のプレート上部に付いているドラグノブです、この状態(右端)でドラグが緩んでいる状態です。

P9070421.jpg
ドラグノブを左端に移動することによってドラグが締まっていきます。

P9070364.jpg
P9070395.jpg

上部にある円形のプレートがドラグノブの裏側に装着されているもので、ドラグノブを締めることで円形のプレート内のくり抜かれた部分に収まっているネジがスライドしていきドラグが効いていきます。
この状態は、ドラグが一番緩んでいる状態で、左右にあるスプリングが伸びています。
この状態でのドラグ部分のパーツには、中央部のドラグ、ギアを除いて驚くほどの遊びがあり、手で触るとがたつくほどです。(がたつきの状態は次回以降の写真でお見せします。)

P9070382.jpg
プレート下部を支点に留められた、左右に付いた三日月型の金属が、ドラグを締めることで左右に付いたスプリングを中央部の押し込み、ドラグパッド(?)と白色のドラグパッドが圧着していくことでドラグが効いていきます。
写真の状態は、ドラグノブを半分締めた状態です。 スプリングが縮まってきているのが分かりますか?

P9110454.jpg
ドラグノブを最も締めた状態です。 スプリングも縮まりドラグが最も効いている状態です。

スポンサーサイト

2008/11/22 Sat. 00:44 [edit]

Category: 釣具

TB: 0  /  CM: 0

top △

S.E.BOGDAN REEL(ボグダン リール)の大解剖 (その13) 

S.E.BOGDAN REEL(ボグダン リール)の大解剖 (その13)
今回はドラグ作動時のクリック音の有無を設定するギアを説明します。
ドラグ作動時のクリック音の有無は、ドラグ側プレートの下部についている、直径1㎝くらいの円柱形をした金属ノブを回転させることで、クリック音の有無を設定できます。
円柱形の金属の裏側は楕円形の金属と繋がっており、更にこの楕円形の部分がクリック音を発するピンと連動しており、外側の円柱形の金属ノブを回転させることで、楕円形の部品も連動して動くことでピンが上下し、ギアと接触したり離れたりしてクリック音の有無を使い手が選択できる機能となっているのです。
尚、友人が所持しているディスクドラグが装着されたボクダンの中には、このクリック音の選択ノブが付いていないタイプもあることから、いくつかのバリエーションがあるのかもしれません。

詳しくは写真で説明していきます。

P9070408.jpg
ドラグ側プレートです。 左側の円柱形のノブを回すことで逆転時(ドラグ作動時)のクリック音の有無を選択することができます。

P9070416.jpg
ノブの拡大写真です。 内部にある楕円形金属を上部と側面で2重に固定しています。

P9070369.jpg
手前にある三日月型の金属がドラグのクリック音を鳴らすピンです。 内側にあるブラス色をした楕円形の金属がドラグ側プレートに設置されたノブと繋がっています。

P9110453a.jpg
P9110462a.jpg
上記の拡大写真です。 ピンがドアラグギアに接触しており、この状態ではクリック音が出るのです。
楕円形の金属と三日月型のピンが離れ、ピンがフリーの状態となっているのが分かりますか?

P9070388.jpg

楕円形の金属が回転し、三日月型のピンをドラグギアから押し上げた状態です。 この状態ではクリック音が鳴りません。 クリック音の有無とドラグの効き具合は別機能ですので無関係です。
P9070378.jpg
上記の拡大写真です。 三日月型のピンがドラグギアと接触せずに浮き上がっている状態です。


説明が難しいので写真を多用してみましたが理解できたでしょうか。


2008/11/13 Thu. 00:03 [edit]

Category: 釣具

TB: 0  /  CM: 0

top △

S.E.BOGDAN REEL(ボグダン リール)の大解剖 (その12) 

S.E.BOGDAN REEL(ボグダン リール)の大解剖 (その12)
久しぶりの更新です。今回は正転?(糸の巻き込み時)のギアを説明します。
正転時には、中央に設置されたドラグ部の、更に中央部に置されたギアが回転することで作動します。
このギアが逆転防止用のピンと噛み合わさることでギアが逆転できなくなりドラグが作動する仕組みです。

P9070370a.jpg
中央部に設置されたギアが正転用のギアです。上部に2本伸びる足がスプールに収まり一緒に回転する仕組みです。

P9070390.jpg
上部からの写真。
話が逸れてしまいますが、開けられた丸穴が手作業で開けられていることから、間隔が均一ではないのが分かると思います。

P9070391.jpg
ギアが回転し、逆転防止用のピンを持ち上げている状況。


説明が上手くないので分かりづらいと思いますが、写真で判断して下さい。

2008/11/09 Sun. 22:37 [edit]

Category: 釣具

TB: 0  /  CM: 0

top △


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。