スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

ゴミか?お宝か? 

昨年は、投稿数も増えないまま新しい年を迎えてしまいました。

昨年暮れに予防接種を受けたにもかかわらず、年明けにA型のインフルエンザに罹り、苦しい数日間を過ごしました。
病気も改善の兆しが見えてきたことから、夕食を食べに出かけたのですが、その際近くにあったリサイクルショップを覗いてみたところ、「3千数百円」という値段がつけられたお宝リールを発見しました。
  商品名「Pezon et Michel SuperParabolic76」
フランスのペゾン&ミッシェル社が、イギリスのハーディ社に作らせた珍しいフライリールです。
私自身も、1980年代初めに、当時ペゾン社の代理店であったプロショップサワダで、約2年間カタログに掲載されていたのを確認しており、実物も過去に1度だけ見たことがあるだけの珍しいリールでした。
サイズ的には、ハーディのマーキス5と同サイズでスプールは互換性があるようです。
この年代のハーディが製造したリールは、酷使すると塗装が浮き上がって剥げやすいものが多く、このリールもまさにそのような状態ですが、機関部に不具合はありません。
店の方も、珍しい商品ですから商品に対する知識もなく、見た目も塗装が剥げてボロボロですので、3千円台の値段で販売していたのでしょう。(実際の価値は私にもわかりません。)

P1280752.jpg
ハンドルには縦の線が刻まれ、スプールエッジには模様が入っています。
P1280751.jpg

P1280744.jpg
ペゾンと品名の刻印が刻まれています。
P1280747.jpg
中途半端な形状ですので、左巻きにできるか思案中です。(フェザーウエイトの金具は合いませんでした)
P1280750.jpg
スポンサーサイト

2013/01/27 Sun. 21:10 [edit]

Category: 釣具

TB: 0  /  CM: 0

top △

リールの修理 

久しぶりの更新です。
釣りに行けないことから、先日、ハーディ社製フライリールの分解清掃を行っていました。
個人的には大好きですが、世間ではマイナーなマルチプライヤー(倍速巻き)リールのギヤ部分を清掃中、ラッチ(スプールを取り外す部分)の緩んでいたネジを締め付けていたところ、ネジが切れてしまいました。
もう製造中止のリールですし、北海道の片田舎にマルチプライヤーのパーツなど売っているところは当然ありません。(全国的にもないかもしれません)
困った私はいつもお世話になっているDVに電話して、マルチプライヤーのネジを入手することはできるのかと尋ねたところ、「できないと思う」と素っ気ない返事が。
半ば諦めかけて約1ヶ月が経過したとき、DVからハーディのパーツを仕入れたのでHPを確認して早急に注文せよと救いの電話が掛かってきたのです。
これで私のマルチプライヤーも復活です。
ありがとう下ちゃん。
P1000146.jpg
ここぞとばかりに、ライトウエイトシリーズのパーツや、中型マーキスのパーツも入手しました。
P1000149.jpg
袋の中に入っている長いネジがマルチプライヤー用のネジです。下の写真に折れたネジと、交換したネジを並べてみました。
PC240738.jpg
P1000147.jpg
ライトウエイトシリーズのパーツです。一時販売されていたデラックスシリーズ用の真鍮で作られたラッチ部分のネジも入っています。(左上のリールがデラックスシリーズです)
P1000154.jpg

2012/12/22 Sat. 20:20 [edit]

Category: 釣具

TB: 0  /  CM: 0

top △

虎目 

3月以来の更新です。満足な釣りも当然できていません。
どこにも行けないので、秋の夜長に(もう初雪が降りましたが)毛針作りに使用するニードルを作ってみました。
家にあった虎目が出たメイプルの端材を使用して、帰宅した夜に毎日ヤスリがけをし、塗装をして一週間で仕上げることができました。
しかし、バランスが悪く使いづらいことから、バイスの横の単なるお飾りです。

P6200483.jpg
メイプルの端材です。虎目も素晴らしいし、塗装も上手くいったのですが・・・
P6200481.jpg
アロナーのシートと並べてみました。
P6200486.jpg

2012/11/20 Tue. 11:37 [edit]

Category: 釣具

TB: 0  /  CM: 0

top △

型落ち品 

数年ごとにモデルチェンジされるカーボンロッド、有名メーカーの製品に関しては定価は10万円台から7万円前後と円高の影響を全く受けていないのはなぜでしょう?

昨年は型落ちのカーボンロッドを何本か手に入れることができました、値段も半値以下の超激安で。
私が持っている20年以上前のカーボンロッドと比較すると軽さには雲泥の差がありますが、新製品と型落ち品では大きな違いは感じられません。
ですから、私には型落ち品で十分です。

P1090254.jpg
最近手に入れた型落ち品のカーボンロッド3本です。
PC050182.jpg
セージのz-axis(9F5番)です。
ジョージアンダーソン(イエローストーンアングラー)のホームページで型落ち品のz-axis9フィート5番は、新製品のONE9フィート5番との比較で新製品よりも高い評価を受けていた竿でしたので手に入れたいと思っていました。
これまで使っていた昭和の時代に購入した初期のスコットGシリーズ(9F5番)と比較するとブランクは半分くらいの太さです。
PC050184.jpg

PC050188.jpg
オービスのゼログラビディ9F6番です。
フライを始めて30年目にして初めて購入したオービスの釣り竿です。
昔(2、30年前)のオービスは、竿先が堅いと感じ購入に至ったことはありませんが、最近のモデルは使いやすいアクションです。
PC050190.jpg

P1090280.jpg
ウインストンボロンⅡx(8.6F4番)です。
軽くて持っている感じがしない釣り竿です。
9フィートと8.6フィート2本の4番が売られており、9フィートはテップの柔らかさが気になりましたが、8.6フィートはバランスが良かったことから選択しました。
グリップの長さも日本人の手の大きさに合っておりリールシートも美しく、10年くらい前に発売されたリール(ウインストンパーフェクト)とあわせてみるとブランクとリールの色がマッチしています。
P1090299.jpg

P1090303.jpg

2012/01/09 Mon. 21:39 [edit]

Category: 釣具

TB: 0  /  CM: 0

top △

リール 

昨年暮れに、帰省した際いつも立ち寄る札幌の釣具屋で新しいリールを購入しました。

ハーディの新製品でディスクドラッグが付いたこれまでのハーディらしくないリールです。
しかしパーフェクトなど10万円前後の製品と比較すると、ディスクドラッグ付きながら値段も手頃で使い勝手も良さそうな製品です。

試しに手持ちの竹竿に取り付けてみましたが、全く違和感がなく感じます。

今年はこれで行きたいと思います。

PB060131.jpg
抜かれて穴だらけであることからとても軽いリールです。
穴の抜き方もこれまでの丸穴ではなく様々な形状に抜かれています。
PB060133.jpg

PB060154.jpg
村田ロッドのファンタジア(8F 5番)に付けてみましたが違和感がありません。
PB060161.jpg
北尾ロッドのAlley Hoop (8F 5番)です。
PB060177.jpg

2012/01/08 Sun. 23:56 [edit]

Category: 釣具

TB: 0  /  CM: 0

top △

肥満児には 

肥満で市販のサイズのウエーダーがはけずにお困りの方も多いと思われ、特に腹が出てきた中年紳士には、足が入るが腹が引っかかって苦しいとお嘆きの方も多いと思われます。

私もそんな一人ですが、私も愛用のデブに優しいメーカーから新しいウエーダーが発売されたので知人のから送ってもらいました。

長靴付きで膝下がネオプレーン、膝上が蒸れない素材でできており、体重のある体で膝を地面に付けても破れることもなさそうです。
このメーカーでは、以前も長靴付きのウエーダーが出ていたことから愛用していましたが、水漏れと私自身の保管の不徹底により中から悪臭が漂い、夏場にはむせ返る中で釣りをしていたのですが、新しいウエーダーを入手したことで悪臭とも別れることができそうです。
サイズはデブ用のLKですが、まるでオーダーしたようなフィツト感です。

R0010367.jpg

2010/11/10 Wed. 22:48 [edit]

Category: 釣具

TB: 0  /  CM: 0

top △

MAKO(Jack Chalton) その3 

注文後約8週間待って、今月初め送られてきたリールと換えのスプールです。

ネジで留められているのはハンドルとリールのフットのみであり、大型のドラグシステムのドラグの中は全く確認できません。

R0010264.jpg
R0010268.jpg
R0010269.jpg
8-10スプールと10-12スプールの比較です。
R0010259.jpg
R0010174.jpg
R0010231.jpg
ドラグノブにも大胆な切削が施されています。ドラグノブは1回転でフリーからロックまで調整できるタイプですが、ドラグノブが大型で外周もあることから微調整が可能です。
R0010227.jpg
R0010225.jpg

2010/08/28 Sat. 13:33 [edit]

Category: 釣具

TB: 0  /  CM: 0

top △

MAKO (Jack Charlton) その2 

6月初旬にメーカーに直接注文をしていたMAKO(Jack Chalton)のリールが8月初旬に発送されてきました。
ホームページには、製造期間は最低でも約8週間と記載されておりましたが、アメリカから7月末に発送されており、自宅には8週間を切って届けられました。
カード会社からの請求額を確認したところ、ちょうど円高になったことから、当初予定していた金額よりも若干安く請求が来るようです。
商品は完璧で、北海道ではカーボンドラグの性能を発揮できる場所はなさそうです。

R0010208.jpg
ケースにはオーダーした私に宛てた一筆とチャールトンのサインが入っています。
R0010210.jpg
本体の写真は、忙しくて撮影しておりませんのでまた後で。

2010/08/25 Wed. 21:34 [edit]

Category: 釣具

TB: 0  /  CM: 0

top △

S.E.BOGDAN REEL(ボグダン リール)の大解剖 (その18) 

S.E.BOGDAN REEL(ボグダン リール)の大解剖 (その18)

お久しぶりです。内地では連日35℃を超える猛暑日が続いていますが、私の住んでいる地域でも25℃前後を記録し慣れない暑さに参っています。

今回の第18回目は、取り外したドラグバッドをお見せします。

P9070401.jpg
分解前のドラグ部です。白い半円形のものがドラグパッドです。
P9110457.jpg
ドラグパッドを取り外した状態です。
P3110857.jpg
スプリングを受ける面です。埋め込まれている金色の円形プレートは、前回説明したものです。
P3110839.jpg
ドラグパッドの下側です。一部が削られているのは、ドラグクリック音を出すギアとの接触を防ぐためです。
1、2枚目のドラグ写真を参照してください。
P3110841.jpg
接触面です。片側2本づつのスリットが刻まれています。
P3110842.jpg
右が上部を上に、左が下部を上に置いて撮影したものです。
P3110843.jpg
説明は理解できたでしょうか。パッドの素材については分かりません。

2010/08/10 Tue. 23:15 [edit]

Category: 釣具

TB: 0  /  CM: 0

top △

MAKO (Jack Charlton)その1 

Jack Charltonというアメリカのおじさんが作っているリールを注文してしまいました。
今から10年くらい前ティムコでCharltonのリールを販売していた時期があり、その当時の価格は原付バイク以上の値段が付けられていました。

しかし数年でカタログ落ちしてしまい、以後このリールの新たな販売を確認することはできなかったのですが、今年初めにネット上でMAKO by Jack Charltonとして新たな販売を行っているのを発見し、値段も以前の半値以下で販売されていることから思わず注文してしまいました。

リール本体は約1,000ドル、返スプールは約400ドルと高額ですが、昨今の円高を考慮し計算すると、国内代理店が販売している高級リールの価格と同等かそれ以下の価格で購入することが可能です。
ネット上では最短約8週間で発送可能と書かれており、6月初めに注文しましたので最短で8月初旬には発送されてくると思います。

R0010085のコピー
注文後にメールで送られてきた受注書です。

2010/07/25 Sun. 18:33 [edit]

Category: 釣具

TB: 0  /  CM: 0

top △

S.E.BOGDAN REEL(ボグダン リール)の大解剖 (その17) 

S.E.BOGDAN REEL(ボグダン リール)の大解剖 (その17)

約1年ぶりですが、第17回目となるボクダン分解シリーズです。
引き続きボクダンリールを分解した写真を掲載して、素人である私が分かる範囲で説明します。

今回は、ドラグ調整ノブを取り外し、ドラグを締める役割を担っている三日月型の金属を取り外した後(前回の説明参照)、ドラグディスクと、それと接しているスプリングの写真を掲載しました。

P3110831.jpg
ドラグディスクにはめ込まれた2本のスプリングです。
スプリングの両端は、それぞれのスプリング受けに均等に接するよう平らに均されています。
白色のドラグディスクは、センターに立っているブラス製の金属でズレないように軽く固定されています。
P3110833.jpg
スプリングを取り外した状態です。
P3120876.jpg
スプリングを取り外した、ドラグ側のプレートです。
白いドラグディスクが中央の円柱系の金属を押すことでドラグがかかります。
中央部の手裏剣状のギアは、正転用のギアで、ギアを押さえている金具が、逆転時にドラグが作動するためのストッパーです。
P3110834.jpg
スプリングを取り外した、ドラッグディスクです。
均一に切削されています。
P3110836.jpg
面白い写真をお見せします。
上記写真の反対側に取り付けられた、ドラグディスクですが、切削された穴の片側に金色のプレートが埋め込まれています。
これは、私の見た限りでは、穴を深く開けすぎたためか、スプリングの効きが均等でないことから、この問題を解決するために埋め込まれたものであると思います。
ボクダンじいさん、ドラグに関しては結構細かく調整を加えているのだと感心しました。
P9070363.jpg
前回も掲載したドラグプレートです。上記説明の参考として下さい。

2010/05/17 Mon. 23:28 [edit]

Category: 釣具

TB: 0  /  CM: 0

top △

スノーシュー 

3月上旬、実家に帰ったついでに行きつけの釣具店DVに遊びに行き、雪解け時期である早春の釣用にスノーシューを購入しました。

札幌にあるノーライトデザイン社の製品で、店番のk氏お勧めの製品とのことで、25,000円とちょっと高価でしたが、道東に戻ると手に入らないという思いから思わず購入してしまいました。

実家に持ち帰ると、早速父親が近くのパークゴルフ場に繰り出して試走していましたが、春山登山に使うので貸して欲しいと頼まれ、今シーズンは実家に置いて帰ることとなってしまいました。
来春は、このスノーシューでダイエットしたいと思います。

P2280116.jpg
P2280119.jpg
P2280130.jpg

2010/03/08 Mon. 19:43 [edit]

Category: 釣具

TB: 0  /  CM: 0

top △

S.E.BOGDAN REEL(ボグダン リール)の大解剖 (その16) 

S.E.BOGDAN REEL(ボグダン リール)の大解剖 (その16)
これからドラグ部分を分解していきます。但し素人ですので完全分解までは至りませんが、できる限り分解していきたいと思います。
今回は、ドラグ調整ノブを取り外し、ドラグ部とスプリングを介して連結しており、ドラグを締める役割をしている三日月型の金属を取り外してみます。

P3110806.jpg
ドラグ調整ノブを分解したところです。 
写真はプレート表面の部品のみであり、裏側の部品は残った状態です
P3110811.jpg
フラッシュで反射してしまいましたが、裏側の部品も含め全てを取り外した状態です。
(前回の写真にも同様の物があったと思います。)
P3110813.jpg
ドラグ調整部品を取り外し、三日月型の金属がフリーとなった状態です。
P3110818.jpg
三日月型の金属に着いているスプリング受けの部品です。
P3110866.jpg
スプリング受けの部品は、前回も説明したとおり左右に遊びがあります。
P3110846.jpg
三日月型金属の裏面です。裏面はハンドルと同様にヤスリがけが為されていますが、見えないところなので磨かれておりません。(日本製では考えられない、いかにもアメリカ的(合理的)ですね。)

2009/05/31 Sun. 23:45 [edit]

Category: 釣具

TB: 0  /  CM: 0

top △

KINEYAのディスクドラッグ搭載リール 

ちょっと古い話になりますが、昨年夏に5番の竹竿に使うディスクドラッグ搭載リールを探していたのですが、国内で入手可能はリールは、テッド ゴトフリーというアメリカの叔父さんが手作りしていたリールだけであり、値段も10万円オーバーの高額商品でしたので当然購入をためらっておりました。
そんな時、地元釣具屋の片隅に、廃盤となったKINEYA製のディスクドラッグ搭載小型リールが売れ残っているのを発見しました。
このリールは2000年頃に販売されていた物で、当時から一度見てみたいと思っていたのですが、流通量が少ないようで、巷では殆ど見ることができず購入を躊躇していたうちに廃盤となってしまったルールでした。
昨年このリールが売られているのを発見し、約5万円と高額でしたが思わず衝動買いし、今シーズン改めてデビューさせるリールです。

P7100187.jpg
KINEYA model502というリールです。
P7100188.jpg
P7100191.jpg
P7100189.jpg
ディスクドラッグ調整プレートです。

2009/05/30 Sat. 17:52 [edit]

Category: 釣具

TB: 0  /  CM: 0

top △

S.E.BOGDAN REEL(ボグダン リール)の大解剖 (その15) 

S.E.BOGDAN REEL(ボグダン リール)の大解剖 (その15)
昨年11月以来の約半年ぶりの更新となるボグダン リール解剖シリーズの15回目は、ドラグ作動時の続きを紹介しますが、どこまで説明したのか分からなくなってしまったので、前回の補足として写真を数点掲載します。

P9070363.jpg
前回説明したドラグ部の写真で、この時点ではドラグは解放状態です。(作動状態については前回の説明を参照して下さい)

P9070399.jpg
ドラグ部品を撮影したものです。
上部金属が車のドラムブレーキに酷似するディスク、中央の白い部品がドラグパッド、下部の部品がドラグの締め付けを行う部品となります。
写真の状態は、ドラグが解放された状態です。

P9070389.jpg
ドラグ開放状態では、ドラグパッドには全く力がかかっておらず、スプリング受けも手で動かすことができます。
この隙間は、ドラグを締め付けるためアームが作動した際にスプリング受けが移動ためのものだと思います。
スプリングが伸びているのとスプリング受けが右に移動しているのが分かると思います。
次回以降でドラグを分解した際に、この隙間を拡大した写真をお見せします。


説明が上手くできませんでしたが理解できましたか?








2009/05/05 Tue. 22:08 [edit]

Category: 釣具

TB: 0  /  CM: 0

top △


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。