スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

BIG ドライフライは本当に効果はあるのか? 

昨今雑誌で噂になっているBIGドライフライを巻いてみました。
タランチュラというマドラーミノーのバージョンで、獣毛アレルギーの私は掃除機で吸引しながらヘッドの鹿の毛をトリミングし10個以上のフライを完成させましたが、デカニジへの効果のほどはあるのでしょうか。

R0010103.jpg
長いラバーレッグが効くそうです。ウイングとして使用しているカーフテールの先端を揃えるのが大変でした。
R0010105.jpg
スポンサーサイト

2010/08/06 Fri. 20:58 [edit]

Category: Fly(毛針)

TB: 0  /  CM: 0

top △

アメマスフライ 

鮭稚魚を追うアメマスを釣るために色々フライを巻いていますが、格好いいストリーマーよりも簡単なフライや適当に巻いたフライの方が良く釣れる気がします。
私的に良く釣れるフライは、テールとウイングにアークティックランナーという柔らか馬野毛を使った細身のストリーマーと、マラブーテールのモジャモジャしたフライの2つです。
特にモジャモジャしたフライは、昨年からよく利用していますが結果も上々とまではいきませんが、なかなかの結果を出しています。

モジャモジャフライは、オリーブ系のマラブーをテールに使い、ボディはシールかユーロシールを巻いてボディをモジャモジャと掻き出し、ハックルにホワイトニングのチカブーというモジャモジャした毛を巻いています。
水に浸けるとモジャモジャと書き出したシール系の影響でボディが透け、ハックルが水になびくことで紡錘形となり、テールと相まって鮭稚魚系のシルエットとなっているみたいです。
今年からは、知人の店「DV」で入手した、SPRITE製のショートシャンクダブルフックを使用してみたところ、テールが重くてフライが尻下がりになることも、フライが回転することもなく泳ぎも抜群です。

決して人にお見せできるような格好いいフライではなく、お下劣系フライに分類されると思いますが、参考までお見せしたいと思います。

P4210899.jpg
SPRITE製のダブルフック10番です。 通常のウエットフックと比較してもショートシャンクでフライを巻くスペースは僅かです。

P4210900.jpg
これがお下劣なモジャモジャフライのライト、ダークオリーブ系の2種類となります。
あまり格好の良いフライでははありませんが、水に濡れて流れに揉まれると紡錘形でシールの透明感から透けた小魚のシルエットとなるようです。

P4210902.jpg

2009/04/22 Wed. 00:03 [edit]

Category: Fly(毛針)

TB: 0  /  CM: 0

top △

久しぶりのフライ巻き 

久しぶりにフライを巻きました。
全部で15本。
フライはサワダのオリーブメイのボディをコンドルからユーロシールの変更したパターンと、SPRITEのフックを使ってお気に入りのPersonAmericaを巻いてみました。
これだけ巻くのは、今年あと数回だけだと思います。

P3020730.jpg
黒のヘットセメントを付けて完成ですが、明日に持ち越しです。
P3020728.jpg
SPRITE SINGLE LOW WATERで巻いたPersonAmerica

2009/03/02 Mon. 00:25 [edit]

Category: Fly(毛針)

TB: 0  /  CM: 0

top △

お土産フライ 

アメリカのどこかの州にあるデシュート川に鉄頭を釣りに行ってきたDVからお土産が送られてきました。
現地で使われているヘアーウイングのスチールヘッドフライ2本と地元釣具店の帽子です。
フライは思ったよりも小型なサーモンフックの8番くらいのサイズで、ヘッドもカチカチにコートされた、かなり頑丈に作られたフライでした。
簡単なフライですが、北海道でも使えそうです。
帽子は、Sサイズで、頭の周りが60㎝ある私には、頭頂部に乗っかるだけで到底被れそうもないので部屋に飾っておこうと思います。

PA200591.jpg

PA200592.jpg

PA200594.jpg

2008/10/27 Mon. 01:02 [edit]

Category: Fly(毛針)

TB: 0  /  CM: 0

top △

デカあり 

デカ蟻(チェルノブイリ アント)を巻いてみました。
最近をフライ巻く回数が増えてきて、フライボックスもかなり埋まってきました。
このフライ、見かけや大きさによらず釣れるフライです。
足は、長めにすると水面をプルプル動きまわり、魚を引きつけ当たりが出やすくなるようです。
P6270157.jpg
左側が6番、右側が8番サイズ(2XL)です。何と17本も巻いてしましました。
P6270158.jpg

2008/06/27 Fri. 23:09 [edit]

Category: Fly(毛針)

TB: 0  /  CM: 0

top △

フライ巻き 

すかすかのウエットフライボックスを埋めるために、マーチブラウンを巻いてみました。
1日10本ものフライを巻いたのは数年ぶりでした。
調子に乗って、モンカゲロウのCDCフロ-ティングニンフも巻いてみたのですが、ウエット風にスロートハックル付けちゃいました。
ちなみにサイズは4番ですが、デカ過ぎでしょうか。P6170130.jpg
黒のヘッドセメントを塗って完成です。
P6170131.jpg
TMC200Rの4番に巻いたウエット風のモンカゲフローティングニンフです。

2008/06/18 Wed. 21:09 [edit]

Category: Fly(毛針)

TB: 0  /  CM: 0

top △

暇つぶし 

寒い毎日でどこにも行く場所がない今日この頃、家でフライを巻くことが多くなっています。
暇つぶしに1.5番のスチールへッドフライを巻いてみました。
新しく購入した、ホワイトニングのヘンスペイハックル(黒色)をボディハックルに使って巻いてみたのですが、ファイバー、ストーク共に細いことから扱いずらい素材でした。
P2040094.jpg
写真にしてみると、ボディが長すぎで、ウイングの角度と大きさがイマイチです。

2007/12/25 Tue. 02:54 [edit]

Category: Fly(毛針)

TB: 0  /  CM: 0

top △

掘り出し物 

地元の住宅街で小さな釣具屋を発見し、立ち寄ったところ日焼けしたパッケージに包まれ、ホコリを被った掘り出し物のフライタイニング用マテリアル(鳥の毛)を発見しました。
品名は「ブルーイヤーフェザント」というキジで、1パック12枚位入って700円で売られており、大きめの羽根が入って品質も良かったことから、ホコリを被った5個の中から3パックも購入してしまいました。
P1060032.jpg

購入した羽根をボディハックルに使用しオレンジヘロンを巻いてみました。
ヘッドが少し大きすぎです。
P10600581.jpg

2007/11/20 Tue. 01:13 [edit]

Category: Fly(毛針)

TB: 0  /  CM: 0

top △

ポーラーシュリンプ 

Syd Glasso オリジナルのスペイフライポーラーシュリンプを巻いてみました。

外国の釣り本「STEEL HEAD TYING GUIDE」では同フライのタイイングについて、ボディを細くするよう指示していますが、今回は小太りに仕上げ、ウイングも強度を増すためにポーラーベァーを使用しました。

最近は、大型のウエットフライのウイングにはポーラーや、ブラウンマラーどの代用として強度があり色が近くコストも安いブラウンスクイレル、ロシアンスクイレル(リスの毛)を使っています。
強度も上がり、コストも下がるのでおすすめです。

デジカメでフライの撮影するのは大変です。


P1030506.jpg

P1030517.jpg

2007/01/23 Tue. 23:23 [edit]

Category: Fly(毛針)

TB: 0  /  CM: 0

top △

新年初タイニング 

春用のフライを巻きました。
ジェネラルプラクティショナー(GP)とラスティラットの2本です。
2本とも4番のフックです。ラットのテールが少しばらけてしまいましたが初物にしては満足です。
P1030446.jpg

P1030463.jpg

2007/01/18 Thu. 00:57 [edit]

Category: Fly(毛針)

TB: 0  /  CM: 0

top △


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。